中国語独学おやじ

中国語の参考書

独学でHSKに合格するための書籍とその活用方法

私が独学をスタートしてからHSK6級に合格するまでに使用した書籍を紹介したいと思います。ここで紹介する書籍は、あくまでも、私個人がHSKを学習するにあたり使用したものであり、これから独学でHSKを学習するあなたにとって「一番」というものでは...
中国語の学習法

たった半年間の独学でHSK6級に合格する6つの秘訣

40代の私は、ある日、突然、仕事の関係で中国への長期滞在を余儀なくされました。 中国へ行くのは約半年後。 この半年という猶予期間の中で、中国語で日常会話ができるくらいまでのレベルに達する必要がありましたが、このときの私は、中国語をまった...
中国語の文法

中国語文法・第29課 「複文」

中国語の文法「複文」とは2つまたはそれ以上の文をつなげたものを言い、文と文のつながりの意味を説明する語句を関連詞といいます。 ■因果関係を表す複文 前の文でに原因を述べ、後の文で結果を述べる複文。 ●因为…,所以…(…なので…) (例...
中国語の文法

中国語文法・第28課 「可能補語」

中国語の文法「可能補語」は、述語動詞の後について、「~できる」という可能を表わします。 ■動詞 + 得 + 結果補語/方向補語 動詞の後に「得」を用いて結果補語または方向補語をつなげることで、可能補語を表現することが出来ます。 (例)买...
中国語の文法

中国語文法・第27課 「方向補語」

中国語の文法「方向補語」は、動詞の後ろにつけて、動作・行為の方向を表し、発音の際は通常、軽音となります。 方向補語になれる動詞は基本的に以下の移動の意味を表す10種類に限られます。 (例) 「来(来る)」「去(行く)」 「上(上る)」...
中国語の文法

中国語文法・第26課 「程度・様態補語」

■補語とは 中国語の文法「補語」は、述語の動詞や形容詞の後におかれ、述語が示す動作、行為、性質、状態をより詳しく説明するために補足する語で、「様態補語」「程度補語」「結果補語」「方向補語」「可能補語」「数量補語」があります。 ■程度補語 「...
中国語の文法

中国語文法・第25課 「結果補語」

中国語の文法「結果補語」は、動詞のすぐ後ろに置かれ、動作や行為の結果がどうであるかを表します。「完」「到」などの動詞、「好」「错」などの形容詞が結果補語となります。 (例)作业做完了。 (宿題はやり終えた。) (例)说错了。 (言い間違...
中国語の文法

中国語文法・第24課 「経験・将然のアスペクト」

■経験のアスペクト 「过」 中国語では動詞のすぐ後に「过」をつけると、動作や行為について過去に「~したことがある」という経験を表すことが出来ます。 (例)我听过那个信息。 (私はその情報を聞いたことがあります。) (例)我看过这本书。 ...
中国語の文法

中国語文法・第23課 「完了のアスペクト」

■完了のアスペクト 「了」 中国語では動詞のすぐ後ろに助詞「了」をつけることで、動詞が示す動作や行為の完了や実現を表すことができます。 「了=~した」という過去形を現すものとして覚えてしまいがちですが、「了」は過去、現在、未来のどの時点にお...
中国語の文法

中国文法・第22課 「進行・持続のアスペクト」

アスペクトは、動詞の前後にアスペクト助詞をつけることで、現在、過去、未来や動作の進行、持続、完了などの「動作の状態」表します。 ■進行のアスペクト 「正」「在」「正在」 ある動作を開始してからその動作が終るまでの過程を実行してい...
タイトルとURLをコピーしました